何だっけ?ブログ

「あれって何だっけ?」と思ったことを詰め込んでおります。

初心者向け【Adobe illustrator CC】画像をそれっぽく簡単に切り抜く

f:id:Rmade:20180531134403p:plain


こんにちは~!なんちゃって初心者グラフィックデザイナーのナンです。

完全独学でillustratorを使ってます。

 

画像や写真の切り抜きは一般的には「Photoshop」のソフトで簡単にできますが、「いちいちソフトを立ち上げるのめんどくさい!」「そもそもPhotoshop持ってないんだけど」って方いらっしゃると思います。

illustratorでもそれっぽく切り抜きできる機能があるのでご紹介したいと思います。

今回は「それっぽく背景とりんごを切り抜く」チュートリアルです。

 

まずは画像を用意してください。

ここでは前回の記事でillustratorを使って色を変えた画像を使っていきますね。

前回の記事はこちら

 

画像トレースを使う

画像をツールパネルの①「選択ツール」で選択しておきます。

画面上部の②「コントロールパネル」(下図の赤い四角)の③「画像トレース」をクリックします。(画像が変化しましたが今は気にしないでください。)

②「コントロールパネル」にある④「プリセット」横のプルダウンメニューをクリックし、⑤『写真(低精度)』を選びます。(「写真(高精度)」でもいいのですが、データ量が増えて重くなるので今回は(低精度」にしています。)

最後に②「コントロールパネル」にある⑥『拡張』ボタンを押します。

f:id:Rmade:20180531130624p:plain

 

f:id:Rmade:20180531131213p:plain

上記画像のように線がいっぱい表示されていると思います。

トレース機能を使うと「画像」から「オブジェクト」に変換されるので、こんなに線がいっぱいあるんですね。

そして今は画像全体が「グループ」となっています。複数のオブジェクトが1つにまとめられているのを「グループ」と言います。

 

ダイレクト選択ツールを使う

よく使うツールパネルの上にある「選択ツール」は黒い三角のポインターですよね、その隣にある白い三角が『ダイレクト選択ツール』です。

 今、画像が選択されている状態ならば、画像以外の部分をクリックして解除しておきます。

そして『ダイレクト選択ツール』を選び、りんごの背景部分になる所をクリックします。

そしてそのままキーボードの『Delete』を押しましょう。

これでそれっぽい切り抜きの完成です。

f:id:Rmade:20180531134403p:plain

さいごに

今回のりんご画像のように背景が単色で、切り抜きたい画像との境目がはっきりしていれば簡単にできると思います。

一般的には画像加工は「Photoshop」が有名ですが、「ソフトを持っていない」「立ち上げるのがめんどくさい」「ちょちょいとやりたい」と思っている方は参考にしていただけるとうれしいです(^^♪